【速度重視】通信速度が安定しているおすすめの格安SIMと回線タイプ

格安SIMはドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアの回線の一部を使用しているため通信速度が遅いと言われてきました。しかし近年では格安SIMの利用者の増加やそれに伴うサービスの改善により通信速度は安定してきています。

そこで今回は通信速度を重視する方におすすめの通信速度が安定した格安SIMと回線タイプをご紹介します。格安SIMに通信速度の安定性を求める方は是非ご確認ください。

スポンサーリンク

格安SIMの通信速度は安定していないと言われる理由

格安SIMはMVNOと呼ばれ自社では電波塔などの通信設備を持たず、ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリア(MVO)の回線の一部を借りて通信事業を行なっています。

格安SIMの速度が遅いと言われている理由は、お昼や夜など利用者が増えて混雑する時間帯には同じ回線を利用していても、回線を貸し出している大手キャリアの方の契約者を優先して通信させるからです。

例えばau回線を利用している格安SIMとauのユーザーでは、auのユーザーの通信が優先されます。そのため、格安SIMは混雑時に通信速度が遅くなると言われています。

ただし近年では通信速度は改善されてきています。サブブランドの登場や回線設備の増築により、2〜3年前に比べて格段に安定しています。

それでは通信速度が安定した格安SIM6社をご紹介します。

スポンサーリンク

格安SIMで通信速度を求めるならサブブランドがおすすめ

通信速度を重視すると、やはりサブブランドが安定しています。格安SIMは利用者が増えるお昼や夜の時間帯は通信速度が遅くなりがちです。しかし、サブブランドの格安SIMは数ある格安SIMの中でも1日を通して通信速度が安定しており、通信速度の面では頭一つ抜けている印象です。

1.UQ mobile

【公式】UQ mobile・UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ
おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://www.uqwimax.jp

auのサブブランドである「UQ mobile」はau回線を使用しており、通信速度に定評があります。速度ランキングでも常に上位になり通信速度では格安SIMトップクラスです。特に混雑時のお昼時に通信速度が落ちないところが嬉しいポイントです。

もちろん時間帯や日によっても変動しますが、格安SIMに通信速度を求める方はUQ mobileを選んでおけば間違いないでしょう。サブブランドならではの手厚いアフターサポートや通話やデータ通信は大手キャリアにも引けをとりません。

料金プランは音声通話SIM、データ容量3GBのスマホプランSデータ容量10GBのスマホプランRの2種類から選べます。

 スマホプランSスマホプランR
月額料金月額1,980円月額2,980円
UQ家族割適用時
(2台目以降)
月額1,480円月額2,480円
基本データ容量3GB10GB
節約モード時の
通信速度
最大300Kbps最大1Mbps
通話料20円/30秒 SMS送信料(3円/通)

2.Y!mobile

【公式】ワイモバイル(Y!mobile)- 格安SIM・スマホはワイモバイルで
おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://www.ymobile.jp

Y!mobile」もソフトバンクのサブブランドとして大手キャリアに負けないサービスを展開してます。通信速度も安定しており通信速度を重視する方にはぴったりです。1日を通して安定した高速通信が利用できます。

Y!mobileは10分以内の国内通話が無料のため、データ通信だけではなく通話もよく使う方におすすめです。しかしY!mobileは残ったデータ容量の次月への繰越しができません。そのため通信速度に差はないため、データ通信を重視するなら「UQ mobile」、通話もよく使うならはY!mobileを選ぶのが良いかと思います。

料金プランはスマホベーシックプランS、M、Rと音声通話SIMでそれぞれデータ容量が3GB、10GB、14GBとなっています。

Y!mobileの基本使用料
プランスマホベーシックプランSスマホベーシックプランMスマホベーシックプランR
月額料金2,680円3,680円4,680円
新規割
(契約から6ヶ月)
1,980円2,980円3,980円
家族割適応時
(6ヶ月以降)
1,480円
(2,180円)
2,480円
(3,180円)
3,480円
(4,180円)
データ容量3G10G14G
スポンサーリンク

サブブランド以外で通信速度が安定しているおすすめの格安SIMと回線プラン

次はサブブランド以外で通信速度に定評のある格安SIMと回線プランをご紹介します。

1.mineo(au回線)

mineo
おすすめ度:★★★★☆

【公式サイト】https://mineo.jp

3つ目は関西電力グループのオプテージが提供する格安SIMサービスであるmineoです。

mineoは2020年3月に行われた格安SIMサービスの満足度調査で顧客総合満足度ランキング第1位に輝いています。通信速度も安定しており豊富な料金プランから自分のライフスタイルにあったプランを選べます。mineoはドコモ、au、ソフトバンクの3つの回線を利用していますが、特に通信速度はau回線が安定してます。

ただしお昼の混雑時は少し速度が落ちる傾向にあるため、お昼の時間帯にサクサク使いたいならUQ mobileかY!mobileがおすすめです。月額料金は回線によって異なりますが音声通話つきのデュアルプランだとデータ容量500MBが1,310円〜、3GBが1,510円〜と月額料金もUQ mobileとY!mobileよりもお得です。

ちなみに音声通話がないデータ専用SIMのシングルタイプだとデータ容量6GBが月額1,580円〜とさらにお得に利用できます。

またmineoの「ゆずるね」というオプションを利用すると昼間の混雑時の通信を控えることで、達成回数に応じて翌月の23時~7時の間のデータ通信が無制限になります。

mineo月額料金 デュアルタイプ(音声通話付)
AプランDプランSプラン
500MB1,310円1,400円1,750円
3GB1,510円1,600円1,950円
6GB2,190円2,280円2,630円
10GB3,130円3,220円3,570円
20GB4,590円4,680円5,030円
30GB6,510円6,600円6,950円

2.OCNモバイルONE(ドコモ回線)

OCN モバイル ONE|格安SIM・格安スマホ | NTT 
おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html

OCNモバイルONEは通信事業大手のNTTが提供している格安SIMです。通信速度はドコモ回線を利用する格安SIMの中では最も安定しており、ドコモ回線で通信速度が安定した格安SIMをお探しの方におすすめです。

データ容量によって細かく選べるプランは月額料金の面でもLINEモバイルやmineoと同様に格安SIMの中ではトップクラスのコスパです。データ容量は必要に応じて1GBから30GBまで選べます。個人的にOCNモバイルONEはパッとしない印象ですが安くて速いので結構おすすめです。

データ容量音声対応SIMカードSMS対応SIMカードデータ通信専用SIMカード
1GB1,180円--
3GB1,480円1,000円880円
6GB1,980円1,500円1,380円
10GB2,880円2,400円2,280円
20GB4,400円3,920円3,800円
30GB5,980円5,500円5,380円

3.BIGLOBEモバイル(au回線)

【公式】格安SIM・格安スマホのBIGLOBEモバイル
おすすめ度:★★★★☆

【公式サイト】https://join.biglobe.ne.jp/mobile

BIGLOBEモバイルはドコモ回線とau回線を利用しています。通信速度の測定値ではドコモ回線が高い通信速度が出ますが、実際の使用感ではau回線の方が安定しています。実際に使ってみても、TwitterでもBIGLOBEモバイルはau回線の方が安定しているという声をよく見かけます。

BIGLOBEモバイルは格安SIMの欠点であるお昼の時間帯にやや弱い印象ですが、その他の時間帯では安定した通信速度が出ます。

プラン音声通話SIM
タイプA、タイプD
データ通信+SMS
タイプA、タイプD
データ通信のみ
タイプD
1ギガ
音声通話スタートプラン
1,400円--
3ギガプラン1,600円1,020円900円
6ギガプラン2,150円1,570円1,450円
12ギガプラン3,400円2,820円2,700円
20ギガプラン5,200円4,620円4,500円
30ギガプラン7,450円6,870円6,750円

【データ通信専用SIMなら】イオンモバイル(タイプ2 ドコモ回線)

イオンモバイル
おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://aeonmobile.jp

イオンモバイルのデータ通信専用プランで使用されているタイプ2のドコモ回線は混雑するお昼も安定した通信速度が出ています。料金も1GBなら月額480円で利用できます。そのためデータ通信のみ利用したい方はイオンモバイルも有力候補です。(まだ利用者が少ないため速いという可能性もありますが、当分は安定した速度が出ると思います。)

ただし音声通話SIMで使われているタイプ1のauとドコモ回線の通信速度はイマイチなのであくまでもデータ通信専用での選択肢かと。データ容量も細かく選べるので無駄なく利用できます。

データ容量/プラン名音声プランデータプランシェア音声プラン
500MB1,130円--
1GB1,280円480円-
2GB1,380円780円-
4GB1,580円980円1,780円
6GB1,980円1,480円2,280円
8GB2,680円1,980円2,980円
12GB3,280円2,680円3,580円
20GB4,680円3,980円4,980円
30GB5,680円4,980円5,980円
40GB6,680円6,480円7,280円
50GB8,680円8,480円9,280円
スポンサーリンク

おわりに

格安SIMの利用者は年々増加していることに伴い、格安SIMも通信技術が発展してきました。もちろん格安SIMの通信速度はドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアに比べると劣る部分がありますが、日常での使用では問題がないレベルまで改善されてきています。

通信速度が不安定なことが理由で格安SIMへの乗り換えを悩んでいる方は、今回ご紹介した格安SIMであれば、問題なく利用することができるため今すぐ乗り換えるべきです。通信速度は今までは格安SIMのデメリットとしてあげられてきましたが、現在では通信速度が遅いことは格安SIMを選ばない理由ではなくなってきています。

格安SIMの通信速度は改善され続けています。回線工事を行ったり、回線エリアを広げたりとこれからますます快適な通信環境へ変わっていくでしょう。通信速度は時間や日など環境によって多少の誤差があるため、サイトでは随時おすすめの格安SIMを更新していく予定です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

\ この記事が役に立ったらポチッとお願いします。 /

  にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

\ この記事が役に立ったなと思ったらポチッとお願いします。 /

  にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ
T.Katahira

このサイトではSIMフリー歴5年の僕が格安SIMの情報を発信しています。
格安SIMの魅力をもっと多くの人に知ってもらいたくてサイトを立ち上げました。
スマホに詳しくない方にも分かりやすく書いているので、友人から話を聞く感覚で読んでもらえたらと嬉しいです。

T.Katahiraをフォローする
おすすめの格安SIM
格安SIMギーク
タイトルとURLをコピーしました