【音声通話不要】データ通信のみを利用したい方におすすめの格安SIMと料金プラン

大手キャリアのスマホでは音声通話が付いていることが基本ですが、格安SIMでは音声通話のないデータ通信専用のプランも選ぶことができます。

スマホの利用用途がメールやインターネット、ゲームなど音声通話が不要な方はデータ専用SIMにすることで通信費をグッと節約することができます。

そこで今回はデータ通信のみを利用したい方におすすめの格安SIMと料金プランをご紹介します。

スポンサーリンク

データ通信専用SIMだと、さらに月額料金を抑えられる

格安SIMは月額料金という面では、どれを選んでも大手キャリアよりも通信費を抑えることができます。しかもデータ専用SIMは音声通話付きのSIMより月額料金を安いため、さらに月額料金を抑えることができるのです。

格安SIMによって違いはありますが、データ専用SIMは音声通話SIMと比べて月額500円ほど安い料金設定です。月額500円の差だと年間で6,000円ですので、音声通話が必要ないという方はデータ専用SIMを選ぶのも選択肢の一つでしょう。

※ただし月額500円で通話も使えるようになるという考え方もあります。音声通話の最後に解説します。

スポンサーリンク

データ通信専用SIMがあるおすすめの格安SIMと料金プラン

データ通信のみを利用する方におすすめのデータ通信専用SIMがある格安SIMをピックアップしました。通信速度、サービスが安定している格安SIMを中心に選んであります。

OCNモバイルONE

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html

NTTが提供するOCNモバイルONEにはデータ通信専用SIMがあります。データ容量は3GBから30GBまで選択でき月額880円から利用可能です。通信業界大手のNTTが提供しているだけあって料金、通信速度ともにトップクラスに安定した格安SIMです。特に新プランになってからは通信速度が飛躍的によくなりました。

データ容量音声対応SIMカードSMS対応SIMカードデータ通信専用SIMカード
1GB1,180円--
3GB1,480円1,000円880円
6GB1,980円1,500円1,380円
10GB2,880円2,400円2,280円
20GB4,400円3,920円3,800円
30GB5,980円5,500円5,380円

mineo

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://mineo.jp

mineoはシングルプランという名前でデータ通信専用SIMのプランがあります。データ容量は500MBから30GB、月額料金は回線によって異なりますが月額700円からお得に利用できます。

mineo月額料金 シングルタイプ(データ通信のみ)
AプランDプランSプラン
6GB1,580円1,580円1,670円
10GB2,520円2,520円2,610円
20GB3,980円3,980円4,070円
30GB5,900円5,900円5,990円
500MB700円700円790円
3GB900円900円990円

さらに通信の混雑時(7:30〜8:30、12:00〜13:00、18:00〜19:00)に最大通信速度が200kbpsになるエココースなら通常のシングルプランの50〜450円割引でデータ通信専用SIMが利用できます。制限中でもメールやチャットなどテキストのやり取りは問題なく行えます。

 AプランDプランSプラン
500MBなし
3GB850円850円940円
6GB1,480円1,480円1,570円
10GB2,370円2,370円2,460円
20GB3,680円3,680円3,770円
30GB5,450円5,450円5,540円

イオンモバイル

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://aeonmobile.jp

イオンモバイルもデータプランとしてデータ通信専用SIMがあります。データ容量は1GBから50GBまで細かく選ぶことができます。1GBは月額480円という安さで利用できます。またデータプランに月額140円でSMSの追加ができます。

データ容量/プラン名音声プランデータプランシェア音声プラン
500MB1,130円--
1GB1,280円480円-
2GB1,380円780円-
4GB1,580円980円1,780円
6GB1,980円1,480円2,280円
8GB2,680円1,980円2,980円
12GB3,280円2,680円3,580円
20GB4,680円3,980円4,980円
30GB5,680円4,980円5,980円
40GB6,680円6,480円7,280円
50GB8,680円8,480円9,280円

イオンモバイルは通信速度が遅いと言われていましたが、最近ではデータプラン専用のタイプ2のドコモ回線は通信速度が上がっており、他の格安SIMと比べての通信速度が速くなってきています。データ通信のみの利用であればイオンモバイルも選択肢の一つとしておすすめします。

IIJmio

おすすめ度:★★★★☆

【公式サイト】https://www.iijmio.jp

格安SIMの老舗のIIJmioにもデータ通信専用SIMのプランがあります。プランはデータ容量によって以下の3つから選択できます。IIJmioはドコモとauのダブル回線ですが、データ専用SIMはドコモ回線のみです。

 音声通話機能付き
SIM
SMS機能付きSIMデータ通信専用SIM
回線タイプドコモauドコモauドコモ
ミニマムスタートプラン3GB1,600円1,040円900円900円
ライトスタートプラン6GB2,220円1,660円1,520円1,520円
ファミリーシェアプラン12GB3,260円2,700円2,560円2,560円

IIJmioは通信速度も比較的速く、安定しているためストレスなく利用できます。ただし料金プランはシンプルで分かりやすい反面、細かくデータ容量を選べない点はマイナスかもしれません。

スポンサーリンク

データ通信無制限オプションがあるおすすめの格安SIMと料金プラン

ここからはオプションに加入することで特定のサービスのデータ消費が無制限になる格安SIMと料金プランをご紹介します。

BIGLOBEモバイル

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://join.biglobe.ne.jp/mobile

BIGLOBEモバイルは月額480円のエンタメフリーオプションへの加入でYoutubeやSpotifyなど対象のサービスがデータ通信が無制限になります。データ通信のみのプランはデータ容量が3GBから30GBまで選べて月額900円からです。

プラン音声通話SIM
タイプA、タイプD
データ通信+SMS
タイプA、タイプD
データ通信のみ
タイプD
1ギガ
音声通話スタートプラン
1,400円--
3ギガプラン1,600円1,020円900円
6ギガプラン2,150円1,570円1,450円
12ギガプラン3,400円2,820円2,700円
20ギガプラン5,200円4,620円4,500円
30ギガプラン7,450円6,870円6,750円

エンタメフリーオプション加入の場合は動画や音楽はデータ消費がゼロのため、大容量のデータプランを選ばなくても月額900円の3ギガプラン十分でしょう。

動画や音楽をたくさん楽しむためにデータ通信専用SIMを探している方はBIGLOBEモバイルがおすすめです。

LINEモバイル

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://mobile.line.me

LINEモバイルはデータSIMというデータ通信専用プランの取り扱いがあります。データ容量は500MBから12GBまで選ぶことができて、月額料金は600円からです。

SIMタイプデータ容量月額基本利用料
データSIM
(SMS付き)
500MB月額600円
3GB月額980円
6GB月額1,700円
12GB月額2,700円
音声通話SIM500MB月額1,100円
3GB月額1,480円
6GB月額2,200円
12GB月額3,200円

LINEモバイルは契約するとLINEのトークや通話がデータ無制限になりますが、さらにデータフリーオプションへの加入で対象のSNSのデータ消費がゼロになります。月額280円でLINE、Twitter、FacebookがデータフリーになるSNSデータフリー月額480円でInstagram、LINE MUSIC、Spotify、AWAも対象になるSNS音楽データフリーから選ぶことができます。

オプション内容月額料金
LINEデータフリーLINE利用時のデータ通信量がゼロに。月額0円
SNSデータフリーLINE、Twitter、Facebook利用時の
データ通信量がゼロに。
月額280円
SNS音楽データフリーLINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC、
Spotify、AWA利用時のデータ通信量がゼロに。
月額480円

スマホの利用用途がSNSが中心という方は月額980円のデータSIM 3GBとデータフリーオプション加入で格安でデータ専用SIMを使いこなせます。

スポンサーリンク

データ専用プランがあるその他の格安SIM

TONEモバイル

おすすめ度:★★★☆☆

【公式サイト】https://tone.ne.jp

TONEモバイルはTSUTAYAが提供している格安SIMです。基本プランはデータ専用SIMで、オプションで音声通話をつけることができます。

TONEモバイルオリジナルスマホ、TONE端末だと月額1,000円、iPhoneだと月額1,500円で容量無制限でデータ通信が使い放題になります。データ無制限の対象はインターネット、地図、メッセージのみです。動画やアプリのダウンロードはWi-Fi環境か高速チケットオプション(有料)が必要になります。

ただし、TONEモバイルは通信速度が他の格安SIMに比べて遅く、データ容量無制限の対象が限られています。そのため、スマホに最低限の機能しか求めないお子さんのスマホデビューやシニア向けといった印象のため紹介までにしておきます。

スポンサーリンク

おわりに

近年では音声通話の利用が少なくなり、LINEなどのアプリを利用する方が増えています。この記事でもデータ通信のみを利用したい方におすすめの格安SIMと料金プランをご紹介しました。

しかし、LINEはIP電話と呼ばれる形式の通話方法でデータ通信を利用しています。ということはデータ通信が繋がらない環境の場合や電波が悪い場合は通話が利用できなくなります。また電話での予約が必要な場合や警察や消防への緊急の連絡、電話番号での承認が必要なアプリなど、通話以外でも電話番号の利用は意外と多いため、もしもの時のことを考えると音声通話は付けておいた方がいいのかなと思っています。

月額料金を抑えたいという理由でデータ通信専用SIMを選ぼうと思っている方は以下の記事もおすすめです。ぜひ格安SIM選びの参考にしてみてください。

【関連記事】【節約】月額料金をとにかく安くしたい方におすすめの格安SIMと料金プラン

スポンサーリンク
スポンサーリンク

\ この記事が役に立ったらポチッとお願いします。 /

  にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

\ この記事が役に立ったなと思ったらポチッとお願いします。 /

  にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ
T.Katahira

このサイトではSIMフリー歴5年の僕が格安SIMの情報を発信しています。
格安SIMの魅力をもっと多くの人に知ってもらいたくてサイトを立ち上げました。
スマホに詳しくない方にも分かりやすく書いているので、友人から話を聞く感覚で読んでもらえたらと嬉しいです。

おすすめの格安SIM
格安SIMギーク
タイトルとURLをコピーしました